シェアハウスという選択シェアハウスでの出来事は、一人暮らしでは体験できない宝物

シェアハウスは短期入居が可能だから旅行好きには嬉しい物件

僕は海外旅行が大好きで、昔からよく色んな国に出かけていました。アルバイトで貯めたお金を旅行費にあてて数日、長いときで数ヶ月滞在して海外旅行を満喫しています。そんな生活を送っているため、わざわざ一人暮らし用のアパートやマンションを借りるのがもったいなく感じていました。こういう一般的な賃貸物件って2年契約が多いですし、数ヶ月家を留守にするのがダメっていうところも少なくありません。実家に帰れたら一番いいんですけど、田舎だからアルバイトの賃金もほとんどが最低ラインで……。どうしても東京で生活がしたかったんです。そんなときに、アルバイト先である中野にいい物件を見つけました。それが、中野駅から徒歩10分くらいのところにあるシェアハウス。広いスペースを有した家で複数人が生活するという、文字通りの物件です。元々海外旅行でも外国人向けのゲストハウスを利用する機会が多かったので、シェアハウスに抵抗は一切ありませんでした。僕が選んだ物件も外国人を受け入れているところでしたし、まさか中野で異文化交流ができるなんて夢にも思いませんでしたね。シェアハウスなら家具や家電が揃っていますし、入居するにも退去するにも手間がかからないんです。水道やガス、電気、インターネットも入居当日から使える状態で、それらの代金は共益費に含まれているから生活費も浮きます。また、短期入居も可能なシェアハウスだったので、僕みたいに数ヶ月家を空けるような人間にはピッタリでした。中野って新宿へのアクセスもいいですし、生活するにも困らないほどお店が充実しているエリア。シェアハウスに入居する前はアルバイトのためにわざわざ中野まで足を運んでいましたけど、いざ住んでみたらとても過ごしやすい場所だったので驚いています。同じシェアハウスに住む外国人に中野の街を案内してもらったこともありました。こうして、海外旅行でするようなことを日本でも体験できて、毎日が刺激的です。またお金が貯まったら次の旅行先を決めようかと思っているのですが、正直今のシェアハウス生活が結構楽しいので、もう少し日本に留まっていようかな……とも考えています。